二階堂眼科

TEL 082-421-1110TEL 082-421-1110sitemapsitemap

広島県東広島市西条中央3丁目5-38

二階堂眼科

TEL 082-421-1110

二階堂眼科TOP > 設備紹介

設備紹介

二階堂眼科にある、さまざまな検査・治療機器を紹介します。
プライバシーを確保できる視力検査機器、レーザー治療装置、手術後の感染症を防ぐためにクリーンルームとした手術室など。

機器類

ウェーブフロントアナライザー

従来のオートケラトレフラクトメータではできない検査が行えます。白内障、角膜疾患などの治療をより適切に行うために、見えづらさの原因を検査するための器械です。機器の特長

スポットビジョンスクリーナー

生後6ヶ月以上であれば年齢を問わず、近視・遠視・乱視・斜視などの検査を行うことができます。1mの距離から検査するので、乳幼児でも嫌がることなく検査できます。

光干渉断層計OCT

眼の内部を短時間で精密に断層撮影することができ、多くの病気の診断に威力を発揮します。顕微鏡を用いて診療しても見えない病気まで発見できる最新鋭の装置です。

マルチカラーレーザー光凝固装置

糖尿病網膜症、網膜剥離、網膜中心静脈閉塞症などの治療に用います。病気によって最適の波長のレーザーを選択して治療します。

YAGレーザー手術装置

後発白内障や緑内障の手術に用います。

FDT視野計

緑内障の初期の視野異常を簡単な検査で発見します。

ハンフリー視野計

緑内障の視野異常を精密に測定する世界的スタンダードの視野計です。

TMS角膜形状測定装置

眼の内部を短時間で精密に断層撮影することができ、多くの病気の診断に威力を発揮します。顕微鏡を用いて診療しても見えない病気まで発見できる最新鋭の装置です。

スペキュラーマイクロスコープ

角膜の内側の細胞の顕微鏡写真を撮影します。

光眼軸長測定装置

眼球の直径を眼球に触れることなく精密に測定します。

超音波白内障手術装置

小さい創口から超音波で砕いて濁った水晶体を吸い出します。

手術用顕微鏡

カール・ツァイス社製の顕微鏡を使用しています。

視力表(スペースセイビングチャート)

視力検査の時、周囲の人に視力がわからない、プライバシーを確保できる視力表です。

施設(ルーム)

手術室

手術後の重大な合併症である感染性眼内炎を防ぐために、高性能HEPAフィルターで空気中の雑菌やほこりなどを取り除き、気圧を上げて高度の衛生状態を保っているクリーンルームです。

見学室

手術室に大きな窓があり、手術を受ける方の御家族が見学できる部屋です。モニターには手術用顕微鏡から院長が見ているのと同じ像が映し出されます。職員が手術の経過について説明します。

回復室

手術の後、しばらく、くつろいで休んでいただく部屋です。

コンタクトレンズ室

コンタクトレンズを合わせたり、装用練習を行います。